コラム

授乳後のしぼんだバストにサヨナラ

胸がしぼむ仕組みと対処法

胸がしぼむ仕組みと対処法

授乳の際に一時的に大きくなったバストも、出産を繰り返すごとに乳腺組織が萎縮し、空気が抜けた風船のように、皮膚だけがたるんだ老けたバストになりがちです。「出産前のようなきれいなバストを取り戻したい......。」女性なら誰しもが願うことだと思います。
授乳後にバストがしぼんでしまう原因は、バストの中身のボリュームが減ることですから、それを補えば元の状態に近づけることが可能です。しかし、シリコンバッグではどうしても人工物の不自然さが否めません。だから、100%自分自身の組織で補う。それがコンデンスリッチ豊胸です。

授乳後にこそ効果テキメンな豊胸法

授乳後にこそ効果テキメンな豊胸法

余分な自分の脂肪組織を用いる豊胸術の中でも現在もっとも進んでいるこのコンデンスリッチ豊胸は、注入する部位に皮膚の余裕があるほど有利に定着します。そういった点でも、授乳後のバストは皮膚が伸びた直後でスペースに余裕がありますから、より良い結果が期待できるのです。
自分自身の脂肪組織ですからアレルギーの心配がなく、また、将来的にがんになる心配もありません。また、THE CLINICのコンデンスリッチ豊胸では、バストを傷つけないことはもちろん、しこりにならないよう配慮した注入法を用います。
20代の美しいバストを取り戻す。コンデンスリッチ豊胸はそんな手術です。