コラム

性別・年齢で異なる脂肪がつきやすい部位

性別や年齢で違う脂肪の特性

摂取カロリーと消費カロリーのバランスで、余剰なエネルギーは脂肪組織として蓄積されますが、その沈着部位は全身均一でなく、年齢や性別によっても変わります
男性の場合は内臓脂肪が優先的に蓄積され、皮下脂肪ならお腹周辺、胸部、ウエスト、頬アゴ、内股の順番についていきます。一方、女性は皮下脂肪の比重が高く、下腹部、太もも、お尻、ウエスト、頬アゴ、二の腕、背中とほぼ全身に沈着します。特に女性の場合は年齢によってもつきやすい部位が異なり、10代は頬アゴ、20代では下腹部や太もも周り、30代からこれに加えウエストや二の腕、40代からはお腹周りを気にされる方が多いようです。

下半身だけ太ってしまう理由

ここで注意しなければならないのは、無理なダイエットでリバウンドを繰り返した場合、体重は元に戻っても、体型は確実に崩れていくということです。というのも、ダイエットで落ちやすいのはバストなどの上半身からで、リバウンドでつきやすいのは下半身からという性質があるからです。上半身は華奢なのに、下半身はどっしりと皮下脂肪がついている。そんな体型の方からもご相談がありますが、リバウンドを繰り返した人が少なくありません。
こういったことからも、部分痩せの難しさと必要性を感じています。