コラム

イメージと違う? ヒアルロン酸注入のバストの触感

相談にも多い触感イメージの相違

相談にも多い触感イメージの相違

メスを使わず気軽にできる短期間のプチ豊胸として人気のヒアルロン酸注入。ただ一方で、ヒアルロン酸注入による豊胸のお悩みは、当院でも多い相談のひとつです。
なかでも、「ヒアルロン酸は柔らかい」と思っている方が少なくありません。顔へのヒアルロン酸注入と同様のイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。しかし、バスト用は顔用と粒子の大きさが異なるため、意外と硬く、触感も良いとは言えません。特に近年のバスト用ヒアルロン酸は持続性に重点を置いた改良がなされていますが、「持続性に優れている=粒子が大きい」ということなので、触感という点で言えば硬さは否めないでしょう。

注入方法で異なる硬さ

注入方法で異なる硬さ

例えば脂肪注入だと、皮下や乳腺下、大胸筋など様々な層に分散させますが、ヒアルロン酸では注入方法が違ってきます。なぜなら、皮下だと表面から触れるのでより硬さが強調されてしまいますし、大胸筋内は吸収速度が早過ぎてバストアップ効果が得られません。そのため、通常であれば乳腺下と大胸筋下に注入します。
ただし、注入方法や技術はドクターによって違うこともあるので、カウンセリングで確認することをおすすめ。その際、硬さのイメージをドクターとしっかり話し合っておくことが、触感に関する失敗を回避するひとつの方法と言えるでしょう。