コラム

コンデンスリッチ豊胸とピュアグラフト豊胸の効果の違い

体積あたりの細胞数の違い

ピュアグラフトとは、2枚のフィルターで不純物を除去した脂肪を注入する豊胸術です。脂肪注入において、すでに死んでしまった細胞やその破片、赤血球や吸引の際に使われる麻酔液や水分を取り除くというのは、注入脂肪の体積あたりの細胞数を増やすという意味で理にかなっています。しかし、ピュアグラフトのように脂肪を洗い流すだけでは、まだ生きている老化細胞をオイル化して除去することはできません
一方、ご存知コンデンスリッチ豊胸はウェイトフィルターの圧力であえて老化細胞を破壊することで、脂肪細胞や脂肪幹細胞の密度を高めています。ピュアグラフトをコンデンスリッチ豊胸と同じような「濃縮」という言葉で表現しているクリニックもありますが、工程には大きな違いがあるのです。
このように抽出プロセスで決まる体積あたりの細胞数が関係し、2つの施術には臨床効果に差が生まれるのだと考えられます。