コラム

シリコンバッグのカプセルは摘出する? しない?

カプセルを取り除くケースとは?

カプセルを取り除くケースとは?

ネットや寄せられるご相談を拝見すると、カプセルをシリコンバッグの外装と思っている方もいるようですが、正しくは体の中でシリコンバッグを包み込むように形成される、自己組織の膜=被膜を指します。
結論から言うと、カプセル(被膜)は自分の組織なので通常残します。残しても石灰化していなければレントゲンにも写りません。カプセル拘縮がひどい場合は、抜去のみだとバストの変形も強く残ってしまうため取った方がいいですが、無理に取ろうとすると出血量が多くなりますし、脇からの抜去が困難です。そのリスクを冒してまで取り除いても、バストの見た目はそれほど改善されませんし、傷口も目立ってしまいます。
このような理由から、THE CLINICではそういったケースこそ脂肪注入でフォローした方が良いと考えています。

カプセル(皮膜)を残すべきケース

では、その抜去と同時に脂肪注入を行なう場合。THE CLINICでもほとんどの方が同時にコンデンスリッチ豊胸を希望されるのですが、カプセル(被膜)をキレイに残して抜去するようにしています。なぜなら、その必要性があるからです。
この場合、一番注意しなければならないのは、バッグを抜去して空洞になったスペース(ポケット)に脂肪が入らないようにすること。ここには血流が通っていないので、脂肪が入ってしまうとその脂肪は壊死してしまいます。例えば、カプセル(被膜)を残すことを考えずに抜去したとすると、カプセル(被膜)が所々破れてしまい多数の穴ができるでしょう。そうすると、カプセル(被膜)の外側に脂肪を注入しても、その穴から脂肪がポケットに入ってしまうことが考えられます。つまり、カプセル(被膜)をキレイに残すことで、そういった危険性が少なくなるのです。
ただし、一朝一夕で習得できる簡単な技術ではありません。そのため当然ですが、きちんと経験を積んでいるドクターに依頼することが大切です。