コラム

トレーニングVS男性向けの脂肪吸引で費用対効果を比較

理想の体をつくる2つの選択肢

理想の体をつくる2つの選択肢

贅肉のない引き締まった体は、多くの人々の憧れ。そんな理想とは程遠い体をどうにかしたいというニーズから、トレーニングや食事内容を指導し“結果にコミット”することをコンセプトにした高級フィットネスが人気を集めています。なんでも専属トレーナーが個人指導するハードな内容で、マシンを用いた激しい運動はもちろん、高タンパク、低カロリーの食事内容に徹底管理してくれるとか。
そんな厳しい節制を経て、ようやく結果にコミットする方法と対照的なのが、いきなり理想の体に生まれ変わるボディデザイン施術、4Dスカルプトです。
この「理想の肉体を手に入れる」という同じ目標に向かう2つの方法について、体型を維持しようというモチベーションがおこるポイントの違いを解説します。

異なるモチベーションポイント

トレーニング開始前の心理とはどのようなものでしょうか?「本当に結果がでるか、ついていけるのか」と、不安を覚える方がほとんどですよね。そんな状態でいきなり過酷な節制をはじめるとストレスを感じ、投げ出したくなるのは人として自然です。もちろん「お金をかけたしトレーナーにも悪いから、課せられたことはやりきってみよう」と自分を奮い立たせる方もいると思います。この自分の意志ではなく外的な要因で行動することを受動的(あくまで受け身)といいます。不安を抱えた弱めのモチベーション(やる気)から始まり、成功した場合は強くなる……。そんな、後からやる気が起こるイメージでしょうか。
一方、4Dは「カッコいい体を作りたい!」という思いのまま即施術。“理想の形(ボディ)”を手に入れた状態から日常がスタートします。人間、形からはいると最初からモチベーションが高い状態になることがありますよね。例えば、ビジネスマンがスーツを新調して挑んだ商談で、自然とスーツに見合う自信あふれた態度になることと一緒です。4Dはそんな、施術直後から自らの意志で動く能動的なモチベーションを得られることが醍醐味といえるでしょう。
高級フィットネスと施術の費用対効果なども考慮し、最適な選択をしてくださいね。