コラム

脱シシャモ脚! 冬までの『最高ふくらはぎ計画』

2大原因は筋肉の過発達とむくみです!

秋冬はブーツのおしゃれが楽しい季節。シューズアイテムを主役にしたコーデが多くなるため、意外にも脚のラインはくっきり出るシーズンと言えるでしょう。しかも、2014年-2015年は短めのサイドゴアブーツやスッキリしたスリッポンがトレンドのため、膝下ラインの露出は昨シーズン以上に増えそうです。しかし、その流れで多くの女性を悩ませているのが、日本人に多い〝シシャモ脚〟問題。
シシャモ脚とは、子持ちシシャモのようにふくらはぎだけがポッコリふくらんでいる状態のこと。遺伝的に日本人にはかなり多く脂肪も付きやすい部位です。直接的な原因は筋肉によるものとむくみによるものの2つに分かれます。筋肉タイプの方は、過度の運動や膝下に負荷のかかる歩き方をして、不要な筋肉が付き不格好な形になっています。
むくみタイプの方は、長時間にわたり同じ姿勢でいる生活や疲労が重なり体内の循環機能が低下、血液や老廃物を含むリンパ液の流れが滞りふくらはぎが膨れてしまうのです。

〝細長く見せるための〟脂肪吸引で改善できる

〝細長く見せるための〟脂肪吸引で改善できる

そして、原因別に改善アプローチの方法も異なります。筋肉タイプは、まず筋肉の動きを和らげるたんぱく質の一種、ボツリヌストキシンを注射して筋緊張を緩和。和らいだ後に、ベイザー脂肪吸引で余分な脂肪を取るという二段展開の施術が有効です。
一方、むくみタイプは食生活の改善が効果的という説があり、カリウムを多く含む野菜の摂取等が推奨されていますが、地道な努力が必要であり即効力もありません。そのため、ダイレクトにベイザー脂肪吸引でアプローチする方法が1番確実でしょう。
ふくらはぎの脂肪吸引には成功のポイントがあり、筋肉タイプとむくみタイプどちらのときも細くだけではなく長く見せるための吸引が重要です。具体的には1番ボリュームがある位置が引き上がるように、中間から足首までの部分を多めに吸引すること。ふくらはぎの脂肪のピークポイントが高い位置にあると、バランスが良くなり細長いカモシカのような印象の脚になります。くわしくはTHE CLINICの動画ブログ『MOVIE CHENNEL』で実際の施術を通してご説明しています。ふくらはぎの美しい脂肪吸引を映像で観たい方にはおすすめです。