コラム

痩せ型の方のコンデンスリッチ豊胸を助けるBRAVA効果って?

アメリカ発のバストアップツールが再ブレイク!

アメリカ発のバストアップツールが再ブレイク!

BRAVAというバストアップツールをご存知ですか? 一定期間バストに装着して陰圧による刺激を与えるツールで、アメリカで誕生後、10年程前に日本でも一時的に普及しました。ただBRAVA自体が大きく、装着すると見た目や生活に支障がでることや、バストアップ効果をいまいち実感できないという評価から次第に使用されなくなったようです。
そして今、BRAVAに新しい活路が見いだされ、国内外の美容医療業界の注目を集めています。その活路とはコンデンスリッチ(脂肪注入)豊胸との併用で、施術前後2週間ずつの装着で、脂肪の定着率がぐんとアップするなど良い効果がたくさん。THE CLINICのドクターはもちろん、脂肪注入豊胸を得意とする海外のドクターに「できれば、脂肪注入豊胸をする全ての人にBRAVAをしたい!」と言わせるそのスゴイ効果についてご紹介します。

胸を育てるスゴイ効果

胸を育てるスゴイ効果

脂肪注入豊胸で一番難しいのが、注入スペースの確保です。極端に痩せ型で皮膚の余剰がない場合、無理やりたくさんの脂肪を注入すると圧迫された細胞が呼吸できず、脂肪壊死を引き起こします。そんな問題を解決するのが、皮膚や皮下組織を伸ばす効果に秀でたBRAVAです。かなり強い陰圧を与え続けることができるので皮膚の拡張はもちろん、拡張スペースに血管が新設され血流を伴う余分なスペースを得ることができます。脂肪を定着させるポイントは注入スペースと血流の確保なので、まるでコンデンスリッチ豊胸のために開発されたようなマッチングといえますね。農業で例えるとBRAVAという耕作機でカチカチに圧縮された地面(胸)がふんわり耕され、そこに血流という栄養がたっぷり供給されるイメージでしょうか。
具体的な効果としては、本来ならば片胸に180cc程度の脂肪しか注入できない痩せ型の方が2週間以上BRAVAを使用した場合、230〜250cc(最高注入量250cc)のコンデンスリッチファットを注入できるようになり、2カップアップが見込めるように! 術後装着の血流促進による定着率アップ効果で、ボリュームバストをしっかりキープできます。
装着にあたって、一時的な色素沈着の可能性以外のデメリットはありません。コンデンスリッチ豊胸の効率を高めたい方、華奢な体型でもふんわり大きなバストが欲しいという方は、是非、検討してくださいね。