1. 3D Cell Lift(3Dセルリフト)

3D Cell Lift(3Dセルリフト)

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集

特徴

これまで改善できなかった若返りの課題をクリア

年齢を重ねると顔の脂肪がだんだん減少し、たるみが生じます。その現象によって、若い頃のような立体感が失われ平坦なのっぺりとした顔立ちになりがちです。頬を例にあげると、本来あるはずの頬骨周辺のふくらみがなくなり、ゴルゴラインや法令線が目立つようになります。
たるみの解消法としては、これまでも皮膚を切開して組織を引き上げるフェイスリフトや、溶ける糸を挿入して引き上げるフェザーリフトなどがありましたが、自然な“立体感”までは取り戻すことができませんでした。それを可能にしたのが、ステムセル(幹細胞)を豊富に含む自身の健全なファットセル(脂肪細胞)を注入するリフトアップ技術、3D Cell Lift(3Dセルリフト)です。

3D Cell Lift(3Dセルリフト)の施術1

リフトアップの仕組みと進化した技術力

この施術で使用するのが、吸収性の特殊な糸と自身の良質な脂肪です。まず、本来ボリュームのあるべき位置に糸を挿入して、たるみを元の位置に戻すと同時に注入スペースを確保。そこに脂肪を注入することで、立体感を出しつつ皮膚の張りも高めることができます。また、先に挿入した糸は脂肪の定着をサポートする足場の役目も担うため、持続性にも一役買います。
しかし、ただ糸と脂肪を注入すれば良いというものでもありません。顔全体のバランスを考慮し、皮下脂肪や筋肉内といったように注入すべき層や量を計算する必要があります。このような高度な技術が開発されたからこそ、これまで困難だった顔のフォルムの若返りが可能になったのです。

3D Cell Lift(3Dセルリフト)の施術2

低負担で高い効果を獲得

具体的には、まず腹部や太ももなどから採脂(採血ほどの負担で脂肪を採取すること)します。その量は、わずか50ccで十分です。それを濃縮したものを顔へ注入します。従来のフェイスリフトのように顔にメスを入れる必要はありません。
さらに、顔は毛細血管が多く注入した脂肪の80%以上が定着するため、高い効果を得ることができます。

3D Cell Lift(3Dセルリフト)の施術3

PAGE TOP

アンチエイジングの種類と比較

目的 シワ消し 張り・スキントーン リフトアップ
治療法 ヒアルロン酸、マイクロCRFなど PRP、W-PRPプレミアムなど 3Dセルリフト
適応 溝になったシワ/こけた頬 張り/くすみ/シワ たるみ/シワ/顔の立体感/こけた頬
即効性 あり なし あり

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間約1時間 メイク翌日より可能
痛み点滴麻酔を使用するため、施術中の痛みはありません。
数日、筋肉痛程度の痛みがあるものの内服薬でコントロール可能な範囲です。
※運動制限はありませんが、当日の車の運転は避けてください
洗顔 翌日より可能
シャワー施術部位以外は翌日より可能
固定部位は3日目から可能

PAGE TOP

PAGE TOP

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集