1. コンデンスリッチボディ

コンデンスリッチボディ

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集

特徴

自分の脂肪を使うから安心
メリハリのあるヒップライン(豊尻)を実現

日本人女性のヒップは、上方にボリュームが不足している傾向があり、お尻が下がっている印象を与えがちです。以前はシリコンプロテーゼを挿入して上方にボリュームを出すといった方法が用いられていましたが、プロテーゼでは触感や見た目の不自然さが残っていました。そこで最近主流になりつつあるのが、自分自身から採取した脂肪を、ヒップへ注入(移植)するという方法です。注入するための脂肪の採取をウエスト、太ももの外側から行うと、メリハリが強調され、より女性らしいボディラインを実現できます。

脂肪吸引後の組織の癒着修正にも有効

他院で脂肪吸引を受けた方から、へこみや凸凹、不自然なラインが気になっているというご相談を多く頂きます。こういったケースには、気になる部分に脂肪を注入することで滑らかなラインや自然さを取り戻すという方法があります。脂肪吸引を行った部位は組織が癒着結合し、硬くなっているため注入がうまくいきませんでしたが、現在はベイザーリポ2.0(ベイザー脂肪吸引)の特殊な超音波・ベイザー波で組織を遊離することができます。注入部位を整えてから注入する事ができるようになったので、よりなめらかなラインに仕上げることが可能になっています。
ただし、脂肪吸引の修正施術はドクターの経験と技術力が大きく左右します。

コンデンスリッチボディの施術1

石灰化や脂肪壊死など、従来の脂肪注入法の問題をクリア

コンデンスリッチボディの施術2

注入する脂肪は健康で新鮮なCRF(コンデンスリッチファット)です。これは、採取した脂肪を外気に触れないまま遠心分離にかけ、特許を取得した特殊なフィルターでしこりの原因になる死活した細胞や細胞膜などの不純物を除去した、研ぎ澄まされた脂肪です。そのため石灰化や脂肪壊死といった従来の脂肪注入の欠点がクリアになり、高い定着率(約80%)が可能になりました。

日本医療脂肪幹細胞研究会 CRF協会より正式認可を受けております

THE CLINICは、FDA(米国食品衛生局)の厳しい審査基準をクリアした、コンデンスリッチファット(CRF)を生成する機器「LipoKit & MaxStem」を正式に導入しています。さらに、日本医療脂肪幹細胞研究会のCRF協会からコンデンスリッチファット(CRF)注入の提供を許された認可クリニックです。

お客様に安心していただくためにCRF正規プロセス証明書を発行します

THE CLINICでは2012年1月より日本医療脂肪幹細胞研究会 CRF協会にて規定された正規プロセス証明書を施術後に患者さまへ発行しております。
施術中の患者さまは麻酔が効いて眠っている状態ですのでCRF抽出のプロセスを確認することができません。確認ができないということは、クリニックによってはこのプロセスの一部を省くこともできてしまいます。なかには協会に入らず正しいCRF抽出のプロセスを行わない悪質なクリニックの存在も報告されているようです。
CRF正規プロセス証明書を発行するということは、コンデンスリッチファット(CRF)療法を行う際に、CRF協会が定めた正しいプロセスによって施術を行ったことの証明となります。

コンデンスリッチボディの施術3

PAGE TOP

脂肪定着量比較(理論値)

脂肪採取量が800ccの場合 脂肪注入 脂肪幹細胞注入 (セリューションなど) コンデンスリッチ ファット注入
定着率 約40% 約80% 約80%
脂肪採取量 800cc 800cc 800cc
バストに注入できる脂肪量 800cc 400cc 533cc
定着量 320cc 320cc 426cc

※効果には個人差があります

PAGE TOP

コンデンス(濃縮)技術 ※特許取得

脂肪から不純物を取り除いて注入します

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間約2時間30分 メイク当日可能
痛み筋肉痛程度 洗顔 当日可能
シャワー施術部位を除いて当日可能。
施術部位は4日目より可能。

PAGE TOP

コンデンスリッチボディの効果

PAGE TOP

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集