1. 手の若返り(ハンドリバイブMC)

手の若返り(ハンドリバイブMC)

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集

特徴

肌年齢が出やすい手の甲の再生

アンチエイジングと言えば顔をイメージする方が多いかもしれませんが、意外と人から見られているのが手です。そして手は、痩せて筋張ったり皮膚がたるんでシワになったりと、年齢が出やすい部位でもあります。
これまでこの部位に対しての対処法は、血液に含まれる血小板や白血球を利用して肌を活性化させるPPPやPRPなどが主流でした。しかし、これらは時間とともに体に吸収されるため、効果を持続するには継続して施術を受ける必要がありました。
そんな課題を払拭した若返り法の決定版が、純度を極限まで高めた脂肪、マイクロCRF(マイクロ・コンデンスリッチファット)を利用する最先端の再生医療、ハンドリバイブMCです。

半永久的な持続力を誇る最新の脂肪注入

手の若返り(ハンドリバイブMC)の施術1

マイクロCRF(マイクロ・コンデンスリッチファット)は、採血ほどの低負担で採取した脂肪から、注入後のしこりの要因になりやすい不純物を取り除いて濃縮したコンデンスリッチファットをさらに加工、もっとも微小な脂肪細胞と豊富な脂肪幹細胞だけを抽出した注入素材です。そのため注入先での脂肪定着率が90%と、ほぼ永久的な効果が見込めます。また、人工物のように拒否反応の心配がないことはもちろん、ジェルのような滑らかな脂肪なので、手の甲のような脂肪の少ない部位でもでこぼこにならず、自然で美しい仕上りが得られるのです。

マイクロCRFに隠された効果アップの作用

脂肪注入によってたるんだ皮膚を押し上げ、肌にハリが生まれるのはもちろんですが、マイクロCRFに含まれる脂肪幹細胞と成長因子のグロスファクターが周辺組織を活性化させることで、肌の色も明るくなるなど、さらに嬉しい効果を与えてくれます。

注入針の秘密

手の若返り(ハンドリバイブMC)の施術2

ハンドリバイブMCでは細い注入針を使用するのですが、最大の特徴は、先端に丸みを帯びた鈍先であるということです。通常は先の尖った鋭利なタイプを使用するため、注入時にどうしても毛細血管などを傷つけ内出血を起こしてしまいます。
しかし、鈍先の針を使用することで、組織を傷つけることなく脂肪を注入することが可能なのです。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間1時間半 メイク当日可能
痛みほとんどなし 洗顔 当日可能
シャワー翌日 入浴4日目より可能

PAGE TOP

手の若返り(ハンドリバイブMC)の効果

PAGE TOP

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集