1. ハートヒップリフト

ハートヒップリフト

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集

特徴

脂肪吸引と脂肪注入のW効果

年齢を重ねると、どうしてもたるんでしまうヒップ。重力に負けて脂肪が足の付け根あたりに集まることで、平坦な四角いシルエットになってしまいます。そんなお尻をハート型に変えるのが、このハートヒップリフト。海外ではブラジリアンバットリフトと呼ばれ、人気を集めています。
ウエストや太ももの脂肪を除去し、その脂肪を活用して垂れ下がったお尻のトップ位置を修正するこの施術。ボディラインにメリハリをつける脂肪吸引と、立体感を出しつつヒップアップさせる脂肪注入の融合が、理想的なフォルムにデザインすることを可能にしました。

魅力的なデザインが実現できる理由

周辺部位とのバランスが重要となるこのヒップデザインには、高い能力が欠かせません。その点でも、THE CLINICは人間本来の解剖学に基づくボディデザインの最高峰技術であるVASER® 4D Sculpt™(ベイザー4D彫刻)(*1)のライセンスをドクター全員が取得。必須となる高いデザインセンスとそれに見合った技術力、さらに人間本来の体の構造や脂肪の専門的な知識を習得しています。このようなスキルをヒップリフト施術に応用することで、満足度の高い仕上がりを実現します。

リスクを回避する設備と技術

ハートヒップリフトの施術1

ハートヒップリフト(ブラジリアンバットリフト)では、ダウンタイムを最小限に抑えたベイザーリポ2.0(ベイザー脂肪吸引)を使用します。また、脂肪吸引ではでこぼこや取り過ぎで部位が垂れるなどの失敗が不安視されがちですが、THE CLINICのドクターはベイザーリポ2.0の日本唯一のトレーニング機関として、国内ドクターを指導する技術力と知識を有しています。
脂肪注入に関しても、しこりなどのリスクを回避するため、採取した脂肪から健全な脂肪細胞と幹細胞のみを抽出したコンデンスリッチファット(CRF)を使用。さらに、少量ずつ様々な層に注入し安全性を高めつつ、自然な仕上りにしていきます。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間2時間半 メイク当日可能
痛み手術中なし。
数日間、筋肉痛程度。
洗顔 当日可能
シャワー4日目 入浴

PAGE TOP

PAGE TOP

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集