ボディリフトSD

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集

特徴

立体的でリフト効果の高いボディデザイン

ボディリフトSDは特殊なインジェクター(注射器)を用いて、スキャフォルダー(柔軟性に富んだ吸収性の素材)を皮下に挿入し、メスを使わずにバストアップやヒップアップ、膝のたるみを解消する新しいリフトアップ手法です。
挿入されたスキャフォルダーはたるんだ組織などを部分的に集めて引き上げる効果があり、吸収された後も挿入された部位を支える足場(支柱)として状態を保ちながら立体的でナチュラルな仕上がりを実現します。また、スキャフォルダーを挿入した周囲は創傷治癒効果によって活性化し、コラーゲンが生成されて弾力性が高まり、リフティング効果が維持されます。

スキャフォルド・デザイン(SD)とは

ボディリフトSDの”SD"とはスキャフォルド・デザインのことで、たるんだ組織を集めて引き上げ、そこを皮膚の下から支えて固定するリフトアップ技術を言います。引っ張ることで持ち上げるというこれまでのリフトアップの発想ではなく、引き寄せて下から持ち上げるという新しい発想が、これまでの手法では実現することが難しかった3次元の立体ボリュームを維持したリフトアップ効果を生み出します。リフトアップされて美しくデザインされた部分を、下から支えるという発想と技術がスキャフォルド・デザイン(SD)の特徴であり、リフトアップにおける重要な考え方となっています。

ボディリフトSDの施術1

切開せずに部分的な組織を移動させる
自由で安全性の高い施術

ボディリフトSDの施術2

施術はメスを使わず注射器で皮下へ挿入するので、安全性が高く、短時間(約30分)で完了。さらに、挿入されるスキャフォルダーはとても柔軟性があり、6〜12ヶ月で自然に吸収される素材なので安心です。
また、スキャフォルド・デザイン(SD)によって細かい部分単位の組織を集めて移動させることができるため、今まで難しいとされていた垂れてしまったバストやヒップ、膝上などのケースで、望み通りの自由なボディデザインが可能になりました。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間約30分 メイク翌日
痛み約1週間、つっぱり感など違和感を伴う痛み 洗顔 翌日
シャワー翌日 入浴翌日

PAGE TOP

PAGE TOP

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集