第102回 日本美容外科学会が開催されました

学会報告

学会報告

去る6月7〜8日、THE CLINICグループ主管のもと、第102回日本美容外科学会学術集会が東京ビッグサイトで盛大に行われました。
当日は、日本国内外から500人を超えるドクターが参加くださり、私自身も学会長、そして「脂肪幹細胞、脂肪組織の現在と未来」というテーマの特別シンポジウムにおいては座長を務めさせていただきました。
また、当グループの大橋院長、長野院長がそれぞれ「乳房インプラント抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸:合併症予防のために」「スレッドと自家脂肪注入を併用したアンチエイジング手術:3Dセルリフト+マイクロCRFの効果」という演題で発表しております。
なかでも、THE CLINIC東京と会場をネット中継でつなぎ、ライブサージェリーで最新手技をご紹介した企画では、参加者にご好評をいただくことができました。
関係者、参加者の皆さまのご協力もあり、学会長を拝命したときに目指した「垣根を超えて叡智を集結する場にする」という目標にも近づけたのではないかと感じています。ありがとうございました。
今後もTHE CLINICグループは、学会活動のみならず、セミナーやワークショップ開催を通じて、業界のモラルと技術の向上に貢献して参ります。

大橋、長野両院長の発表

  • バック抜去とCRF豊胸について発表する大橋院長
    バック抜去とCRF豊胸について発表する大橋院長
  • 長野院長はアンチエイジング手術について発表
    長野院長はアンチエイジング手術について発表

学会会場の様子

  • ご好評いただいたライブサージェリー
    ご好評いただいたライブサージェリー
  • 海外からもたくさんの参加者
    海外からもたくさんの参加者
  • Dr.パーマンの講演
    Dr.パーマンの講演
  • シンポジウム座長席の様子
    シンポジウム座長席の様子
  • 熱心に聴講する参加者の皆さん
    熱心に聴講する参加者の皆さん
  • JSAPSのDr.白壁と
    JSAPSのDR.白壁と
  • 展示スペースの様子
    展示スペースの様子
  • 学会後のパーティーにて
    学会後のパーティーにて

紹介

THE CLINIC グループ会長 第102回日本美容外科学会 会長 山川雅之

山川雅之

1993年に「聖心美容外科クリニック」を創設し、全国に展開。多くのドクターを育成し、自らも数万の脂肪吸引症例数を持つ。2004年、最も成功していると評価されている時期に、M&Aでグループ事業を譲渡。業界を驚かせる。
以後、海外で美容クリニックやメディカルスパのプロデュースを手がけ、2007年にボディデザインの新拠点として「THE CLINIC(ザ・クリニック)」、加圧トレーニングスタジオ「SKIN GYM(スキン・ジム)」を設立。
2009年、コンデンスリッチファット(CRF)療法を開始。セミナー活動を通じ、その普及に貢献。2010年に超音波脂肪吸引の最高峰技術、VASER Hi Defの認定医のライセンスを取得後、2011年には本国アメリカよりInternational Trainer of VASERの日本代表として任命を受ける。2013年、第102回日本美容外科学会の会長を拝命。
2015年、脂肪組織、脂肪由来幹細胞の加工、保存、再生医療への活用を専門に行う、CPC細胞加工センターを設立。
現在は、THE CLINICの拠点を全国に広げ、従来の美容外科では成し得なかった、専門医の育成にライフワークとして取り組んでいる。

資格

  • 第102回日本美容外科学会会長
  • 日本美容外科学会専門医
  • 加圧トレーニング統括指導者
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER Lipo認定医
  • VASER Hi Def認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医
  • International Trainer of VASER
ベイザーリポ2.0認定証 山川雅之
ベイザーリポ2.0(VASER Lipo)は、トレーニングを経て認定されたドクターしか行えない脂肪吸引技術です。この認定証は、ベイザーリポ2.0(VASER Lipo)の提供を正式に認められているドクターの証です。

VASER 4D SCULPT(ベイザー4D彫刻)はトレーニングを受け、認可されたドクターのみが提供できる施術です。THE CLINICのドクターは、全員認可されています。