コラム

豊胸バッグが寿命なら抜去+コンデンスリッチ豊胸! 満足度97%の理由とは?

豊胸シリコンバッグに寿命!? 実は入れ替えが前提

豊胸シリコンバッグに寿命!? 実は入れ替えが前提

豊胸手術の中でも年間2万人以上が受けていると言われるのシリコンバッグ豊胸。しかし、人工物の豊胸インプラントゆえの劣化や破損といった寿命、また異物挿入への拒否反応であるカプセル拘縮や石灰化といったトラブルが起こりやすいのも事実です。そのため、10年〜15年毎の入れ替えが必要です。ただ、入れ替え時期以前でもトラブルによってバストが変形したり、硬くなったりすることが……。また、豊胸インプラントを入れている後ろめたさに悩む方は多く、THE CLINIC にもシリコンバッグ抜去についてのご相談は毎日のように寄せられています。
シリコンバッグは抜去するだけではバストが垂れてしまったり、場合によっては陥没してしまうこともあります。そのため、THE CLINIC ではバッグ抜去と同時の脂肪注入、なかでも安全性や効果の高いコンデンスリッチ豊胸を推奨。ほとんどのゲストがこの施術を選択され、仕上がりについてのアンケート調査では嬉しい体験談がたくさん届いています。
今回はそんなゲストの体験談から集計した満足度についてご紹介します。

体験談からシリコンバッグ抜去+脂肪注入豊胸の魅力が判明!

体験談からシリコンバッグ抜去+脂肪注入豊胸の魅力が判明!

THE CLINIC が、2010年~2013年末迄に手掛けたシリコンバッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸は288症例。そのうち、2010年から2012年は77%、2013年はなんと97%の方が「手術をして満足」という回答をくださいました。2012年迄と2013年の満足度が違う理由は、脂肪注入法の進化とバッグ抜去技術の向上だと考えます。バッグ抜去の際は、多くのゲストが「ボリュームがなくなりバストが変形してしまいそう」「傷が目立つのでは?」と大変な不安を抱いています。それでも、バッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸を終えた後は「ボリュームは変わらないのに、自然でキレイになった!」とおっしゃる方がほとんどです。また時には「温かくて柔らかい胸に戻れた。これで堂々と温泉や病院に行ける」と涙を流して喜ばれることもあります。
97%という高い満足度を感じていただけている具体的な理由は、つぎの3つが考えられます。まず、豊胸インプラントにはない柔らかい触感。次に、自然で美しい胸のフォルム。そして、デコルテにも適宜脂肪を注入してバストラインをデザインすることができるので、サイズ以上にグラマラスな女性らしい印象に仕上がること。さらに、高度に精製したコンデンスリッチファット(CRF)をミルフィーユ状に何層にも分けて少しずつ注入する方法でしこりを防いでいるので、豊胸手術後のトラブルで不安になることもありません。
美容外科クリニックとして、仕上がりに満足していだけること以上に嬉しいことはありません。今後もさらなる満足度を目指して、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡の全院で技術をブラッシュアップしていきます。ご期待ください。