コラム

たるみを引き締めるアメリカのタイトニング治療で皮膚収縮!

悲しい、たるみの現実

世の女性たちが追い求める引き締ったボディライン。年代に関わらず、多くの女性が食事制限やトレーニング、美容施術などで美しい体型を保とうと努力しています。 ただ「若い頃より痩せているのに、二の腕や顎下のボリュームだけが増している気がする……」なんていう方は、要注意。そのボリュームの正体は、肥満ではなく加齢による“たるみ”なんです。
某コミュニティサイトによる『女性の年齢が分かる体の部位』に関する調査では、「若い子は二の腕が真っすぐなのに、中高年は肉が垂れ下がっている(いわゆる振り袖状態)」「膝上がくしゃくしゃ」「フェイスラインがぼやっとしている」。さらに、「あらゆる部位のハリ感がなく、たるんでトロトロした触り心地になる」なんて厳しい意見も。また、加齢によるたるみだけでなく、産後のお腹やバストのたるみもお悩みの方がとても多いのです。 こんなたるみに悩む女性は本当に多く、たるみ取り手術をはじめとする美容整形手術や、引き締め効果のある熱やレーザー光を照射する美容施術が発達してきました。一方で、センスのないドクターによる施術で顔に無残な傷跡が残る、また、金額の割には効果が感じられないなど、患者さんが不満を募らせるケースも多いよう。 そんな、加齢によるたるみの改善に特化した美容施術が2014年にアメリカで誕生し、メディアで取り上げられるなど注目を集めています。

アメリカで話題の施術で引き締め

アメリカで話題の施術で引き締め

アメリカで誕生以来「効果が高く、リスクを伴わない」ことで流行しているのが、サーミタイトです。 サーミRFという機械から出力される高周波の熱カニューレから照射する施術で、注目すべきはその効果。熱の作用で収縮するタンパク質の特性を活かして患部の皮下組織をギューっとタイトニングする、即効性があります。 また、熱によって一時的にダメージを与えられた皮下組織が、細胞を修復させようと肌の成長因子を大量に放出。肌を元気にさせるコラーゲンの生成が促され、数週間後をピークにハリツヤ感が蘇ります。 熱を与える施術は他にもありますが、カニューレで皮下に直接、高周波の熱を照射できるのはサーミタイトならでは。しかも、部分麻酔で行なわれる気軽な施術なので、「切開など本格的な美容外科手術は、怖くて無理」という美容医療ビギナーの方に特におすすめです。
ただ、いくら気軽といっても施術には高度な技術が必要。サーミタイトの権威ドクターから技術を直伝されたTHE CLINICをはじめ、日本で取り扱っているクリニックはごくわずか。今後の国内での広まりに期待したいところですね。

関連するまとめ記事