乳頭の調整

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン

乳頭の調整の症例

    1. Before
    2. After

    女性/37歳

    37歳の女性です。ホームページを見て、乳頭の縮小のご相談でいらっしゃいました。脂肪による豊胸にもご興味があり、どうせなら一緒にやってみたいとのこと。あまり大きいバストは好みではないとのことでしたので、体型にあった自然なボリュームアップ(現在Bカップ→Dカップくらい)で、CRF(コンデンスリッチファット)豊胸を行いました。
    CRF豊胸は、独自の技術で生成した良質な脂肪、経験豊富な医師による高度な注入法、個々の体質を見極めた適切な脂肪注入量で、自然に美しくバストアップできます。そして、脂肪注入による豊胸手術で、もうひとつ重視しなくてはいけないのが脂肪吸引技術です。脂肪を採取した部位がでこぼこになってしまっては、成功とは言えません。優れた脂肪吸引技術を持つ医師が、体全体のバランスも損なわないよう脂肪を採取します。
    乳頭のお悩みで多いのは、将来、授乳に影響が出ないかということですが、授乳機能を保ったまま見た目だけを整えることは技術的に可能です。この方は、乳房の大きさに比べて乳頭が肥大していましたが、施術によってバランスの整った美しいバストになりました。
    施術後の経過も良好で、とてもご満足いただける結果となりました。

PAGE TOP

    1. Before
    2. After

    女性/44歳

    44歳の女性です。バッグの抜去とCRF(コンデンスリッチ)豊胸、そして乳頭縮小のご相談でいらっしゃいました。
    写真の通り、施術前のバストはバッグが上方に位置しています。デコルテが痩せていらっしゃるので、ぽっこりと胸が突き出していて不自然です。10年以上前にバッグを入れられたそうですが、経年によりカプセル拘縮などトラブルが発生するので、この方のように脂肪に置き換える方が増えています。
    身体の内部を触診だけで正しく判断することはできません。THE CLINICでは、乳腺用エコー「エラストグラフィー」を使用して、バッグがどこに入っているか、現在どのような状態か、しっかり確認したうえで抜去します。バッグは、ワキの下から切開して摘出(抜去)する方法を行います。シワに沿って指が1~2本入る最小限の切開なので、バストは傷つかず、施術による傷口も目立ちません。脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。乳頭の縮小も同時に施術したことによってバランスの整った美しいバストになりました。
    「びっくりするくらい自然な胸になって満足してます」と喜んでいただけました。

PAGE TOP

    1. Before
    2. After

    女性/44歳

    44歳の女性です。現在AAカップのバストにボリュームを出したいというご相談でいらっしゃられ、当院で2回、CRF(コンデンスリッチファット)豊胸をなさいました。上半身が痩せ型ですが、下半身には脂肪がついていました。肝心のバストの皮膚の伸びも、授乳経験があるので問題ありません。
    THE CLINICのCRF豊胸は、独自の技術で生成した良質な脂肪、個々の体質を見極めた適切な脂肪量で、安全に脂肪注入を行っています。注入法は、経験豊富な医師による高度な技術と豊富な経験が必要な注入法「マルチプルインジェクション」を採用しています。一般的な注入法は、バスト内の1カ所に脂肪をまとめて注入するため、脂肪の塊になってしまいます。塊の中心部には血液や酸素が行き渡らないので、脂肪壊死や石灰化といったしこりトラブルを招きます。「マルチプルインジェクション」は、様々な層に分散して脂肪を注入することで、脂肪が塊になるのを防ぎます。とりわけ、しこりの可能性を限りなくゼロに近づける「φ2.4mmヌードルインジェクション技術」は、現在THE CLINICだけが提供可能な安全性の最も高い注入技術だと自負しております。写真の通り、ナチュラルにカップアップが出来ました。デコルテにも脂肪を注入しているので、乳房までなだらかな線を描いており、若々しい印象です。胸にボリュームが出ただけでなく、脚も細くなって嬉しいですと仰っていただけました。

PAGE TOP

    1. Before
    2. After

    女性/24歳

    24歳の女性です。AAカップのバストを、BかCカップ位にしたい。可愛いブラジャーを着れるようになりたいというご相談でいらっしゃいました。
    脂肪を注入する部位に十分なスペースがない場合、内圧によって注入した脂肪に栄養が行き渡りません。カップアップだけを重視して、バストの容量以上の脂肪を無理に注入することは、石灰化や脂肪壊死につながります。
    この方の希望を叶えるため、医師はBRAVA(ブラバ)をおすすめしました。
    BRAVAは、アメリカFDAの認可を受けた初の豊胸機器です。ドーム型のカップをバストに吸着させ陰圧をかけることで、一時的にバストの皮膚や組織を伸ばしバストアップさせるというもの。術前の使用で、脂肪の注入スペースを広げ、内圧がかかりづらいバストにします。術後の着用では、陰圧の刺激により乳房内の血流が増加し、脂肪の定着に必要な栄養をより多く行き届かせることができます。元々のバストが小さいなど、皮膚の伸び率の低い方のバストアップには、BRAVAとCRF豊胸の併用は特に有効と言えます。
    1回の施術で希望通りのバストアップが叶い、大変お喜び頂けました。

PAGE TOP

    1. Before
    2. After

    女性/47歳

    2回目のCRF豊胸をお受けになった方です。
    コンデンスリッチ豊胸により、バストのしぼみや乳頭の下垂が綺麗になりました。
    脂肪採取部位を広めに設定し、お顔に使用されています。残った脂肪はFatBankに少量預けたので、次からは少ないダウンタイムで追加注入もできます。

PAGE TOP

PAGE TOP

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン

乳頭の調整に関するコラム