Vタイトニング

  • 特徴
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン

特徴

出産の負担が影響する産後のトラブル

妊娠・出産において、体には大きな負担がかかります。特に、子宮や膀胱、直腸などをハンモックのように股間で支えている骨盤底筋は、大きくなった子宮の重みや分娩時のダメージなどで、筋肉が伸びてしまいます。そのため、出産で緩んだ膣が収縮されず、その違和感やその後の性生活に不安を感じる方が少なくありません。そして何より、尿道の締まりが悪くなるため、ちょっとした腹圧でも尿漏れしてしまうようになり、出産を経験したほとんどの女性がこの症状に悩まされています。
産後の骨盤底筋トレーニングなど、症状を緩和するための運動も話題になっていますが、なかなか効果が得られず、もどかしさを感じる方もいるのではないでしょうか。そんなお悩みを解消するのが、Vタイトニングです。

筋肉にもアプローチする根本的な治療

Vタイトニングは、膣内の粘膜だけでなく筋肉も根本的に引き締めるレーザー治療で、周辺組織へのダメージを最小限に抑えた施術です。
一般的な膣縮小の施術では、膣口から数センチまでしか施術が及びませんが、Vタイトニングなら子宮口付近まで引き締めることができます。また、膣のゆるみに対してなら後壁(肛門側)だけで十分なケースがほとんどですが、尿漏れの状態によっては、膣の前壁(尿道側)も引き締めることで、より確実な効果が得られます。
このように、お悩みの症状によって施術法が変わってくるため、診察でひとりひとりの状況に合った方法をご提案できるのも、Vタイトニングの特長です。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間2時間 メイク-
痛み点滴麻酔により、施術中の痛みはほとんど感じません。
術後は自制内の痛みが数日あります。
洗顔 -
シャワー翌日 入浴1週間後

PAGE TOP

Vタイトニングの効果

PAGE TOP

  • 特徴
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン

Vタイトニングに関するコラム

Vタイトニングに関連するまとめ記事