ページトップに戻る

脂肪吸引よくある質問まとめ。通院や術後ダウンタイムなど

地方や海外からのゲストも多いTHE CLINIC。そんな方から寄せられた疑問を、お悩み相談集から抜粋して分かりやすくまとめました。通院や術後ダウンタイムに関する情報をピックアップ!

THE CLINICには、日本各地はもちろん、海外からも多くのゲストが来院されます。今回は、そんな方々からよくご質問される内容をまとめてご紹介します。

何度も通院しないといけない?

何度も通院しないといけない?

地方や海外の方がもっとも気にされていることは、やはり通院についてのことです。「事前にカウンセリングに行けません」「抜糸に行く必要はありますか?」などの他、「事前に血液検査を受けなければなりませんか?」というご質問も。
そんな方に嬉しいのが、施術時間が短くダウンタイムもライトな1Day脂肪吸引。さらに、THE CLINICには血液検査を当日中に行える設備もあるため、最新の脂肪吸引・ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)でも、カウンセリングから施術までが1日でできる“1day即日施術”というサービスが設けられています。
また、抜糸については、吸収性の糸を使用することも可能なので、術後の経過が良好であれば通院する必要はないようです。そのため、通院回数は最少1回のみでOK。ただし、全身など広範囲の脂肪吸引の場合は、安全上から2回に分けるケースもあると言います。

術後のケアはどうなる?

術後のケアはどうなる?

遠方で何かあってもすぐに来院できないため、術後のダウンタイムを気にされる方は非常に多いようです。そんな方に嬉しいのが、迅速なメール対応。写メール相談もあるので、状況をドクターが見てアドバイスすることも可能です。確かに術後2週間は、ダウンタイムの変化も激しい期間。あわてずドクターに相談するといいかもしれませんね。
また、「アフターケアを受けにいけないけど大丈夫?」というご質問もあるようですが、そういった方にはスタッフが作成した“アフターケアマニュアルシート”によって、自宅でできるセルフケアの方法が紹介されています。さらに、固定に必要なサポーター類は無料でお貸し出し。必要であれば、痛みやかゆみへの処方薬も郵送可能とのこと。ただ、こちらは本音を言えば、より美しく仕上げる十分なケアのためにも、1週間後くらいに抜糸がてら経過チェックとアフターケアを受けに来院されるのがベストではあるようです。

術後は何日間の滞在が必要

術後は何日間の滞在が必要

特に海外からのゲストに多い質問がこちら。相談内容を見ていると、多くの方が2週間前後の滞在期間を予定しているようです。ドクターの話では、脂肪吸引の術後、2週間以上たって何かしらの処置が必要になることはまずないとのこと。また、術後1週間ほど滞在いただければ、抜糸に経過のチェックとアドバイス、アフターケアなど十分な対応もできるそうです。

術後に遠距離移動するのは可能?

術後に遠距離移動するのは可能?

「術後、飛行機に乗っても大丈夫ですか?」というのも多い質問です。ただでさえむくみが気になる飛行機ですから、術後はなおのこと心配ですよね。こちら、施術内容にもよりますが、当日でも飛行機に乗ることに問題はありませんのでご安心ください。電車で来院される方からは、「付き添いが必要でしょうか?」ということがよく相談されていますが、当日はゆっくりお休みしてからお帰りいただいているので、お一人で帰られる方がほとんどのようです。
余談ですが、THE CLINICには交通費補助のサービスもあります。交通費の負担を軽減するためにも、ぜひ活用したいところですね。

いかがでしたか? 施術を検討中の遠方の方は、ぜひ参考にしてみてください。それでも分からないことがある場合は、遠慮なく無料メール相談を。
【ご質問・ご相談はこちら 無料メール相談

コラムのポイント

  • カウンセリングから術後まで、通院回数は最少1回
  • 海外の場合、術後のケアも考えて2週間ほど滞在される方が多い
  • 術後、飛行機に乗っても問題なし