ページトップに戻る

脂肪吸引で失敗が多いのは太もも! 他院修正トップ5

二の腕やお腹、太ももなど、脂肪吸引の人気部位は想像がつきやすいと思います。それでは、難易度が高く、失敗しやすい部位は? ここでは、失敗が多い部位の特徴とその要因、成功のポイントをご紹介します。

脂肪吸引の失敗原因、太ももとお尻は深い関係に

脂肪吸引の失敗原因、太ももとお尻は深い関係に

THE CLINIC が設ける他院の脂肪吸引の失敗修正外来。そこに寄せられるご相談で多い、上位5部位が右の表になります。脂肪吸引したいというニーズの割合もあるので「失敗が多い=難しい」と一概には言えませんが、無関係ではないように感じています。
脂肪吸引の失敗部位1位の太もも(太股)〜お尻ですが、そもそも脂肪吸引すると、たるみという失敗が起きやすいのが太ももの特徴。それを念頭に置いて、術前に皮膚の状態をしっかり診断したり脂肪吸引量を見極めたりしなければならないのですが、どちらも施術経験を積まないと判断できません。そのため、脂肪吸引を日常的に行っている医師でないと難しく、失敗が起こりやすいのです。
さらに、太ももの脂肪にはお尻を支えるという重要な役割も。取り過ぎると太ももがでこぼこになるだけでなく、お尻が垂れてボディラインが崩れるという本末転倒な失敗が起こってしまいます。
そうならないためにも、脂肪吸引を行う医師には解剖学の知識が不可欠。THE CLINIC が指導する技術セミナーやブログでも、こういった失敗写真を公開するなど、注意喚起を行っています。

脂肪吸引の失敗要因は「吸引しづらい」「デザインできない」

2位~5位までの脂肪吸引の失敗部位には、共通点があります。それは、どこも線維質で硬く、吸引管が通りにくいということ。例えば2位のお腹は上腹部が特にそうで、脂肪の取りむらででこぼこになったり、たるんでしわになったりという失敗が起こりやすいのです。
続く二の腕は肩の部分の脂肪が繊維質で脂肪吸引しづらいのですが、反対に中央部分は取りやすいという違いがあります。そのため、二の腕の中央部分だけを細くしてしまいがちで、結果、たるんだり肩からのラインが不自然になったりという失敗が発生。
腰やふくらはぎ&足首も同様の理由で脂肪吸引しづらいのですが、なかでもふくらはぎ&足首はそもそも吸引できる脂肪量が少ないため、修正に来院されるゲストからも「細くならなかった」という失敗相談が多いのです。しかし、メリハリをつけながら細く長くデザインすれば、実は美脚に見せる効果が得られるとTHE CLINIC のドクターは言います。ただし、そのデザインと、デザイン通りに脂肪吸引することが至難の業なのです。

脂肪吸引で失敗しない2つのポイント

脂肪吸引で失敗しない2つのポイント

では、難しい部位の脂肪吸引で失敗しないためのコツは何でしょうか? もうすでに少し触れていますが、まずは一にも二にも術前のデザイン。脂肪吸引で細くすることはもはや当たり前で、今やいかに魅力的にデザインするかが重要なのです。そのデザインを実現するためには、線維質な脂肪も吸引でき、軽度であればたるんだ皮膚も引き締められるベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)がもっとも有効だと、他の美容外科クリニックで脂肪吸引経験を持つ医師も話します。
ただし、ベイザーリポで脂肪吸引を行うテクニックにしても、術前のデザイン力にしても、施術の経験なしには身につきません。やはり脂肪吸引を検討する際は失敗しないためにも、実際に施術に使用する機器はもちろん、脂肪吸引の経験値が高い医師にしか任せてはいけないのです。費用だけで判断せず、複数の美容外科クリニックでカウンセリングを受けてから判断しましょう。

失敗しない太もも脂肪吸引の限定モニターはこちら

コラムのポイント

  • 脂肪吸引の失敗の多い部位1位は、太もも〜お尻
  • 脂肪吸引で失敗するドクターは、解剖学の知識やデザイン力不足
  • 脂肪吸引で失敗しないためには、ベイザー脂肪吸引とそれを扱う医師の技術が必要