ページトップに戻る

ドクターが解説「ダイエットでリバウンドしない方法」

ダイエットで失敗してしまう方は“体重だけにフォーカス”していませんか? ここでは、体重だけにフォーカスすることが間違っている理由と、それが原因で起こりうる弊害についてご説明します。

筋肉と基礎代謝の関係

ダイエット失敗の最大の原因は、体重を指標にしていることにあります。一時的に食事を制限すれば、筋肉が落ち体重も減りますが、高い確率でリバウンドしてしまうでしょう。この現象に大きく関わるのが、ダイエット本でもよく触れられている基礎代謝です。
基礎代謝とは、特に何もしなくても消費されるエネルギー。それは、運動などを含めた全体の消費エネルギーの実に60〜70%をも占めます。「基礎代謝が高いと太りにくい」と言われる所以です。そして、うち約40%が筋肉のエネルギー消費なのですから、筋肉が落ちることで基礎代謝が低下するのは必然と言えます。

無理なダイエットの行く末

無理なダイエットの行く末

さらに、極端に制限した食事からは、基礎代謝に必要なエネルギーを摂取することが困難です。これによっても、体が低栄養に耐えるべく基礎代謝の低い体質へと変化。疲れやすく、冷えむくみもひどくなります。こうなると、一時的な体重減少に成功しても高い確立でリバウンドします。そればかりか、アンバランスな脂肪沈着が起こり、スタイルが崩れてしまいます。
いろんな食事法によるダイエットが流行と廃れを繰り返しますが、基礎代謝が低下しないように摂取カロリーを抑えたバランスの良い食事をする他、ダイエットの王道はないのです。

コラムのポイント

  • 基礎代謝は、消費エネルギー全体の6〜7割を占める
  • 極端な食事制限をすると低い栄養摂取に耐えられるよう基礎代謝が低下
  • 基礎代謝の低い体は、部分的に脂肪を蓄積しやすくスタイルが崩れやすい