ページトップに戻る

脂肪の種類で違ってくる小顔の作り方

顔の大きさとバッカルファットの関係

顔の大きさとバッカルファットの関係

顔の大きさを左右する脂肪には2種類あり、ひとつは皮下脂肪、もうひとつがバッカルファットです。
バッカルファットとは頬中央の深部にある柔らかい脂肪の塊で、頬脂肪体とも呼ばれています。そのため、脂肪細胞が膨らめば顔も大きくなりますし、老化で下垂すればたるみの原因にもなります。つまり、バッカルファットを除去することで、顔の印象がすっきりしたり、たるみによるブルドッグ顔を予防したりすることができます。
しかし、適応を見誤るとかえって老けて見えたり、よりたるみやすくなったりする失敗もあるので、注意が必要です。実際、バッカルファット除去の相談で来院される方でも、診察の結果、脂肪吸引で改善した方が良いケースがよくあります。

顔の脂肪吸引の適応とは?

顔の脂肪吸引の適応とは?

一方つまめる脂肪、つまり皮下脂肪であれば、ほとんどのケースは脂肪吸引で改善できます。もちろん、仕上がりはドクターの技術力に依存しますが、少量の吸引で効果が分かりやすいという点は、顔の脂肪吸引のメリットと言えます。また、脂肪吸引の中でもベイザー脂肪吸引の場合、表層を丁寧に吸引することで皮膚の引き締めを促す作用が得られます。そのため、軽度のたるみや二重あごの改善にとても有効です。
そうは言っても、たるみが強く出ている高齢の方だと、脂肪を除去することで余計にたるんでしまうこともあります。さらに、取り過ぎはやはり厳禁。ネットでよく見かけるのが「頬を脂肪吸引したら老けた印象になった」というものですが、これは顔全体の脂肪を取りすぎてしまったことが原因と考えられます。もちろん例外はありますが、中顔面のボリュームが減るとその分どうしてもたるんでしまうため、頬骨の上の脂肪を取ることは通常はあまりありません。 そうなると、どちらも結果を左右するのはドクターの経験値や手技。皮下脂肪とバッカルファット、どちらを除去すべきかを正しく診断できるドクター探しがファーストプライオリティになります。

コラムのポイント

  • バッカルファットと皮下脂肪のどちらを除去すべきかは、ドクターの判断を仰ぐ
  • ベイザー脂肪吸引では、脂肪除去と同時に皮膚の引き締め効果も
  • どちらの手術も、適応を正確に判断できるドクターを選ぶことが重要