ページトップに戻る

顔のたるみがダントツ気になる!? ニーズ別のたるみ改善法

20代から50代まで! 〝顔の悩みリサーチ結果〟

20代から50代まで! 〝顔の悩みリサーチ結果〟

『PR TIMES』が、計1660人への調査による〝年代別・フェイスエイジングの悩みアンケート〟を掲載しました。年代は20代から50代までと、幅広い世代の声を反映しているのが興味深いところです。
シミやくすみ、毛穴やしわなど、様々なお悩みがあがっていますが、なかでも注目したいのが顔のたるみ。20代こそランク外でしたが、30代以降はぐんぐんお悩み人口が増加、どの年代でもラインキング上位に位置しています。
確かに、顔のたるみと一言に言っても、目元や頬(ほほ)、口元のたるみなど、多岐に渡るお悩みです。しかも、毛穴が目立つなど、顔のたるみによってさらなるお悩みが生じることも……。美しく年をとりたい女性たちにとっては、軽視できない事象なのです。

セルフケアではできない顔のたるみによく効く2大施術

そもそも、なぜ顔はたるむのかという原因からひも解いていきましょう。まず大きな要素の加齢は、表情筋や肌の衰え、脂肪の減少などが影響。その他、紫外線によるダメージ肌の乾燥といった3つの要素が関係します。それらが重なることで皮膚のハリが消失し顔がたるみ、フェイスラインもぼやけてくるのです。
紫外線や肌の乾燥などは生活の中でも気をつけることはできますが、一度たるんだ皮膚をマッサージなどのセルフケアで元に戻すことは難しいのが実情。最適な改善法をあげるなら、サーミスムース3Dセルリフトの2種類の施術が非常に効果的です。
この2つはどちらも世界最先端の方法ですが、アプローチできる箇所や仕上がりに違いがあります。サーミスムースは高周波の熱の作用で皮膚を引き締める美容外科施術。しかしながら、エステ感覚でできる点がポイントです。おでこやまぶた目尻頬(ほほ)など、どの箇所にも有効で、コラーゲンをも新生されるため、肌質が良くなり健康な印象になるのも魅力と言えます。
そして、3Dセルリフトは頬のたるみを改善をしたい方に最適です。特殊な吸収糸で下がってしまった頬の位置を高く戻し、自己脂肪を濃縮した良質なコンデンスリッチファット(CRF)を注入して、若々しい顔の立体感を形成。頬がリフトアップすることでハート型のような可愛らしい印象になるため、とても人気の施術です。
細かな比較は下記の図を、メカニズムは下記診療ページの解説をご参照ください。
♦『サーミスムース』はこちら ♦『3Dセルリフト』はこちら

コラムのポイント

  • 1660人を対象に行ったアンケートで、顔の老化のお悩みが年代別に明らかになった
  • 30代・40代・50代の女性たちに共通する大きな悩みは〝たるみ〟という結果に
  • 生活の見直しと『サーミスムース』or『3Dセルリフト』で顔のたるみは改善できる