ページトップに戻る

レーザースタイリングNEXT

  • 特徴
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集

強力な力により脂肪を分解

レーザースタイリングNEXT従来のスマートリポなどのレーザースタイリングに代表されるレーザーリポ装置の問題点は、目に見えた効果を得にくいことでした。レーザー光を拡散して照射できるレーザースタイリングNEXTは、脂肪融解作用が倍増したため、ワンポイントのスリムアップでは、脂肪吸引に匹敵する効果を発揮します。
通常、レーザー光は直進するのが特徴ですのでエネルギーは前方にしか向かいませんが、レーザースタイリングは、ブロードバンドなのでファイバー先端から全方向にレーザー光が照射され、接するすべての脂肪を強力に融解させることができます。

レーザースタイリングNEXTの施術1

使用するカニューレはわずか1.2mm

施術に用いるファイバーを挿入するカニューレは約1.2mm。これは爪楊枝(つまようじ)の直径の約半分。したがって最初から傷跡を気にすることなく、施術を受けることができます。
直進しかしないレーザーではないため、皮膚の熱傷などのリスクがまずありません。
また、局所麻酔も少量ですので、腫れやダウンタイムがほとんどないのも特徴です。

レーザースタイリングNEXTの施術2

脂肪融解とともに皮膚の引き締め効果も

最も効果的なのは、頬、顎(あご)のラインの引き締め、二の腕のたるみ、膝上、足首などのワンポイント。
皮下のコラーゲンが刺激され、脂肪融解作用だけでなく、皮膚の引き締め効果があるので、バストの縮小やつり上げにも用います。これは脂肪溶解注射では得られない効果です。

バージョンアップしてドレナージ機能を搭載

従来のレーザースタイリングは、蒸散された脂肪はそのまま吸収を待つ必要がありました。
これは効果を実感するのに時間がかかるということを意味します。
新しくバージョンアップしたレーザースタイリングNEXTは、蒸散と同時に、破壊された脂肪を排出(ドレナージ)する機能も搭載しています。

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス今までの脂肪吸引法では、脂肪組織の固い前腕、肩、ふくらはぎの前面といった部位は、治療の対象外でした。
レーザースタイリングNEXTはこのような部位にこそ効果を発揮します。
また、過去の脂肪吸引での取り残しなどにも向いています。
反面、ベイザーリポ2.0(ベイザー脂肪吸引)(*1)、ボディジェット(*2)のような広い範囲の施術、大量の脂肪除去には向きません。

レーザースタイリングNEXTと他脂肪融解レーザー比較

レーザースタイリングNEXT 従来のスマートリポなどの スタイリングレーザー
波長 ブロードバンドレーザー光 単波長又は2波長のYAGレーザー
融解蒸散面積 拡散光・360度の球体・広い 直進光・直線状・狭い
温度 温度が高く効率的 温度に限界があり効果は限定的
火傷のリスク 拡散光のため火傷のリスクはほとんどない (距離に2乗して熱が減衰) 直進光のため火傷のリスクがある (距離に関係なく熱が一定)
吸引の必要性 なし 必要
圧迫固定 施術当日の晩のみ 数日

施術に関すること

処置時間1部位 30分
痛み点滴麻酔により、施術中の痛みはほとんど感じません。術後は押さえれば鈍痛がある程度です。
メイク当日可能
洗顔当日可能
シャワー施術部位を除いて当日可能。
施術部位は翌日から可能。
入浴3日目より可能

レーザースタイリングNEXTの効果

  • 特徴
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集