ページトップに戻る

お尻を小さく

体型が崩れるお尻の脂肪

お尻を小さくお尻が他の部位と違うのは、座ることで圧迫される時間が長いということ。デスクワークなどは、長時間座ったままの状態なのでどうしても血流が悪くなるため、脂肪を蓄積しやすい環境と言えます。
そうして大きくなったお尻はたるみやすく、同時にウエストや太ももとのメリハリがなくなり、崩れた体型になってしまうのです。

美しいヒップに必要なデザイン

美容外科施術でお尻を小さくする場合、大切なのがデザインです。曲線で構成されるお尻は技術や経験で仕上りが左右されやすい部位。また、小さくてもたるんだままでは美しいヒップとは言えません。そのため、脂肪を取り除いて小さくすることは大前提ですが、皮膚をきちんと引き締めたり、お尻を支えるための脂肪は残したりするなどの配慮がとても重要なのです。

目的別おすすめ施術

  • ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)一度でたくさんの脂肪を取りたい人▶

    ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)

    皮下脂肪を徹底除去する脂肪吸引技術ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)

    ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)は、その振動エネルギーにより、周囲の組織のダメージを抑えながら、脂肪組織のみを乳化させる最新の医療装置です。ダウンタイムや負担の少ない施術が行え、今まで難しかった浅い層や硬い脂肪まで除去可能に。さらに、従来の脂肪吸引では不可能だった皮膚のたるみを引き締めます。


  • ハートヒップリフト(お尻の整形)メリハリのある形にしたい人▶

    ハートヒップリフト(お尻の整形)

    加齢で垂れた四角いヒップをハート型にデザイン

    ハートヒップリフト(お尻の整形)脂肪吸引と脂肪注入を融合で理想のヒップデザインが可能になりました。ブラジリアンバットリフトとも呼ばれ、海外では人気の高いの施術です。年齢によるたるみで四角くなってしまったお尻が、ハート型に若返ります。


  • ウルトラアクセント2.0メスを使いたくない人▶

    ウルトラアクセント2.0

    メスを使わない部分痩せ施術がバージョンアップして新登場

    ウルトラアクセント2.0超音波と高周波による脂肪細胞の破壊と排出で、効果的に部分痩せできる痩身施術です。メスを使わないため痛みはもちろん、脂肪細胞だけに影響する横波の超音波だから、ダウンタイムもありません。さらに、改良されたウルトラアクセント2.0では、初期型以上の効果を出すための新機能が追加されています。


  • 1Day脂肪吸引気軽に脂肪吸引を受けたい人▶

    1Day脂肪吸引

    部分麻酔で短期間に部分痩せする カジュアルな脂肪吸引

    1Day脂肪吸引1Day脂肪吸引は、手軽な麻酔と施術法により可能になった、カジュアルな脂肪吸引です。翌日から仕事復帰したい方や、遠方在住のためカウンセリングと施術を同日にしたい方などにオススメです。


  • サーミタイト(お尻や胸の引き締め)皮膚のたるみを取りたい人▶

    サーミタイト(お尻や胸の引き締め)

    加齢によるボディのたるみを引き締めて若々しく

    サーミタイト(お尻や胸の引き締め)従来の施術法では根本治癒が難しかった“加齢によるたるみ”の引き締めに特化した施術です。極細カニューレを患部を挿入して高周波の熱を与えることで、たるみの原因を根本治癒。サーモグラフィで照射温度を確認しながら行なうので安全です。カニューレの挿入跡も残らずダウンタイムも少ない、低負担の施術です。


  • 4Dリポ(アブクラックス脂肪吸引)健康的でセクシーなボディになりたい人▶

    4Dリポ(アブクラックス脂肪吸引)

    4Dリポ(アブクラックス脂肪吸引)従来の脂肪吸引とは異なり、女性のボディラインをより美しく、魅力的に見せる技術がベイザー4D リポです。解剖学を強化したこの技術によって、健康美を印象づける腹部や、メリハリのあるヒップラインをデザインすることが可能になりました。