ページトップに戻る

乳房再建後のお悩み

乳房再建したバストの不自然さにお悩みなら……

乳房再建後のお悩み乳がん手術で乳房を失うことによる女性の精神的なダメージは計り知れません。そのため、乳房を温存するか、全摘出するかはとても大きな選択となります。しかし近年、検査機器の進化でこれまでは分からなかったがんの広がりが分かるようになってきたという背景に加え、シリコンバッグが保険適用になったことも後押しとなり、今後は全摘からの乳房再建という流れがさらに加速することが考えられます。
乳がん手術後の場合、皮膚の進展の問題や放射線治療の影響から言っても、乳房再建にシリコンバッグ用いることはとても有効です。ただし、シリコンバッグは形の決まった人工物。乳房を全摘出した後ではどうしてもボリュームを埋めきれない部分が生じ、ほぼすべてのケースで乳房の形に不自然さが生じてしまいます。
そんな美容面でのお悩みを解消するため、THE CLINICでは乳房再建後の専門メニューを設けています。大学病院でも導入している乳腺用エコーの施術前チェックはもちろん、主治医からの紹介状を足がかりに、しっかり連携を取りながら行いますので、安心してご相談ください。症状に合ったベストな改善方法をご提案いたします。

こういったトラブルは、症状を拝見してみないと正しい判断はしかねますので、まずはカウンセリングもしくはメール相談(ともに無料)をご利用ください。
その際、主治医の方の紹介状をご持参ください。

この施術には主治医の紹介状が必要です 乳房再建に関する施術では、脂肪注入適応の可否や再建の時期など、主治医との連携が必須となります。カウンセリングの際には、必ず診断書と紹介状をお持ちください。 カウンセリングの際には、必ず診断書と紹介状をおもちください。

カウンセリングをご希望の方はこちら
無料カウンセリング予約
メール相談をご利用の方はこちら
無料メール相談