ページトップに戻る

ヒップアップ・豊尻

日本人に多いお尻の形

ヒップアップ・豊尻欧米人のような立体的なお尻はとてもセクシーで魅力的です。ただ、日本人のほとんどが、厚みのない平坦な形。欧米人とは骨格自体が違うということもそうですが、実は歩き方も関係しています。
欧米人は足をまっすぐ伸ばして歩くため、大殿筋(お尻の筋肉)が日常で使われます。一方、日本人は膝を曲げたまま踏み出すことが多く、これでは膝から下の筋肉しかほとんど使用されません。そのため、お尻が発達せず平らになりやすいのです。
また、加齢でお尻が垂れると、さらにウエストや太ももとのメリハリがなくなり、四角いお尻になってしまいます。

再生医療が可能にしたヒップのデザイン

日本人ののっぺりしたお尻のフォルムを魅力的にデザインする豊尻(ほうこう)は人気の高い施術のひとつです。以前はシリコンプロテーゼを挿入して厚みを出すしかありませんでしたが、近年はその方法も増え、特に自分の脂肪を活用する脂肪注入が人気を集めています。この方法は、立体的なボリュームを出すための脂肪をウエストや太ももから採取することで、ヒップとのメリハリが強調されるため、より魅力的な形に仕上げることが可能なのです。

目的別おすすめ施術

  • ハートヒップリフト(お尻の整形)立体的なお尻になりたい人▶

    ハートヒップリフト(お尻の整形)

    加齢で垂れた四角いヒップをハート型にデザイン

    ハートヒップリフト(お尻の整形)脂肪吸引と脂肪注入を融合で理想のヒップデザインが可能になりました。ブラジリアンバットリフトとも呼ばれ、海外では人気の高いの施術です。年齢によるたるみで四角くなってしまったお尻が、ハート型に若返ります。


  • ハートヒップリフト(お尻の整形)ウエストとのメリハリを出したい人▶

    ハートヒップリフト(お尻の整形)

    加齢で垂れた四角いヒップをハート型にデザイン

    ハートヒップリフト(お尻の整形)脂肪吸引と脂肪注入を融合で理想のヒップデザインが可能になりました。ブラジリアンバットリフトとも呼ばれ、海外では人気の高いの施術です。年齢によるたるみで四角くなってしまったお尻が、ハート型に若返ります。


  • ボディリフトSD(リフトアップ)たるみをリフトアップしたい人▶

    ボディリフトSD(リフトアップ)

    3次元で自由な立体デザインを可能にしたボディリフティングの新施術

    ボディリフトSD(リフトアップ)SDボディリフトは特殊なインジェクター(注射器)を用いて、スキャフォルダー(柔軟性に富んだ吸収性の素材)を皮下に挿入し、メスを使わずにバストアップやヒップアップ、膝のたるみを解消する新しいリフトアップ手法です。


  • 4Dリポ(アブクラックス脂肪吸引)健康的でセクシーなボディになりたい人▶

    4Dリポ(アブクラックス脂肪吸引)

    4Dリポ(アブクラックス脂肪吸引)従来の脂肪吸引とは異なり、女性のボディラインをより美しく、魅力的に見せる技術がベイザー4D リポです。解剖学を強化したこの技術によって、健康美を印象づける腹部や、メリハリのあるヒップラインをデザインすることが可能になりました。