ページトップに戻る

豊胸脂肪注入後のしこり

しこりができる3つの要因

豊胸脂肪注入後のしこり主流になってきた脂肪注入による豊胸術ですが、それに比例して近年ではしこりのトラブルも増えています。

豊胸脂肪注入でしこりができる原因は大きく3つ。第一に、注入する脂肪の質があげられます。採取した脂肪には水分や麻酔液、死活・老活細胞などの不純物が含まれており、これらが脂肪細胞への栄養素の循環を妨げるため、しこりや石灰化に至る可能性があります。

ただ、不純物を除去したコンデンスリッチ豊胸でも、他院でしこりのトラブルが増加しているのには他の要因が考えられます。それが注入方法と注入量です。1カ所からまとめて注入すると乳房内で塊になり、その中央部には栄養素が行き届かなくなってしまうためしこりができます。これを回避するために少量ずつ分散して注入するのですが、1回の施術で皮膚の伸展の限度を超える脂肪量(約250cc以上/片胸)を注入すると、いくら塊で注入しないように気を付けても脂肪の密度が高過ぎるため、やはり酸欠状態になりしこりができてしまいます。

豊胸脂肪注入後のしこり

しこりの症状は、実際に超音波エコーなどで拝見してみないと正しい判断ができかねますので、まずはカウンセリングもしくはドクターメール相談(ともに無料)をご利用ください。

カウンセリングをご希望の方はこちら
無料カウンセリング予約
メール相談をご利用の方はこちら
無料メール相談