ページトップに戻る

シリコンバッグのお悩み

増加傾向にあるトラブル

シリコンバッグのお悩み大幅にサイズアップが可能ということで、シリコンバッグによる豊胸手術を受ける方は、日本において年間約2万人と言われています。ただ、近年シリコンバッグによるトラブルの相談が急増しているのも事実です。
そもそも、シリコンバッグは人工物ですので劣化します。そのため10年もすると何かしらの物理的トラブルが非常に高い確立で起こります。さらに、平成23年には、フランスのPIP社が製造した破裂の危険性があるシリコンバッグが日本にも輸出されているという事実が発覚し、破裂の兆候がなくとも摘出(抜去)を促す注意喚起がなされるということもありました。

代表的なお悩み事例

シリコンバッグのお悩みは、見た目や触感に対するもの、精神的な負担、人工物ゆえの物理的なトラブルなど様々です。
例えば、見た目や触感の問題では、寝てもバストが流れず不自然に盛り上がった状態だったり、硬く感じたりします。また、豊胸していることを知られたくないため乳がんなどの検診に行けないという心理的不安も、多くの方が感じています。そして、硬くいびつな形にバッグが変形するカプセル拘縮やバッグの破損という深刻なトラブルも珍しくはないのです。

シリコンバッグのお悩み

こういったトラブルは、症状を拝見してみないと摘出(抜去)方法などの正しい判断はしかねますので、まずはカウンセリングもしくはメール相談(ともに無料)をご利用ください。

カウンセリングをご希望の方はこちら
無料カウンセリング予約
メール相談をご利用の方はこちら
無料メール相談