ページトップに戻る

他院の失敗の修正外来

豊胸シリコンバッグ

豊胸シリコンバッグによるトラブルは挿入から10 年前後で発症することが多く、変形や破損のご相談をいただくことが多いのが現状です。ここでは、当院で修正治療した、他院でのトラブル例を解説とともにご紹介します。

失敗のケース

  • カプセル拘縮

    症状 おもな原因
    バストがテニスボールのように硬く変形している 厚い被膜でバッグを体内に閉じ込めようとする拒否反応のため

    CASE1

    年齢35歳挿入時期不明

     ボリュームが下に移動し、胸の中にテニスボールが入っているような異物感が目立ちます。これはバッグという人工物の挿入に対して体の拒否反応が起こり、周辺に厚い被膜(カプセル)ができてしまったことに起因します。また、挿入時に組織を剥離する際、バッグの位置が下にずれてしまっていました。その結果、バストが変形し硬化していたのです。

    CASE2

    年齢35歳挿入時期10年前

     重度のカプセル拘縮。挿入直後から違和感があったそうですが、恐くてどこにも相談できずにいた結果、どんどん悪化してしまった模様です。痛みも生じていたので、抜去したところ変形したバッグと共に大量の血腫が摘出されました。抜去後は胸が凹んでしまった為、コンデンスリッチファット(CRF)を注入して自然な触感と形を取り戻しました。被膜の周りの炎症がひどくなると石灰化してしまうので、違和感があったら早めにご相談くださいね。

  • バッグ破損

    症状 おもな原因
    バストにシワが寄ってしぼみ、ペコペコした触感になっている バッグの老朽化やカプセル拘縮により破れたため

    CASE3

    年齢48歳挿入時期20年前

     シリコンバッグの耐久性も良くなっていますが人工物なので必ず老朽化します。この方も、10年前くらいから形や位置に不自然さを感じていたそうですが、当院を知るまではどこにも相談できなかったのです。エコーで確認したところ、両胸ともにバッグが破損していたので、すぐに抜去しました。

    CASE4

    年齢未公開挿入時期不明

     左胸が波打って、しぼんでいるのが分かります。診察したところ、カプセル拘縮によってバッグが圧迫され破れてしまっていました。取り出したバッグは内容物が漏れ出していたため、抜去後に洗浄を行い漏出物も除去。
    このようなケースは生理食塩水バッグを挿入されている場合や、バッグ挿入から20年以上経過している方によく見られます。

  • リップリング

    症状 おもな原因
    部分的に尖っており、不自然な触感も伴っている 折れ曲がったバッグのフチが皮膚へ突き刺さっているため

    CASE5

    年齢26歳挿入時期6年前

     左胸の下に折れ曲がったバッグの縁が突き刺さってるのが確認できます。見た目と触感に不自然さがあるため、パートナーにも後ろめたさがあったようです。
    また、横になっても胸が流れないというバッグ特有の不自然さもハッキリと出ていました。

上記でお悩みの方へ はずはあなたの状態をチェック

カウンセリング予約

ドクター無料メール相談

他院では真似できない解決方法

上記のようなトラブルを解決するための当院の技術をご紹介します

  • しこりを確実になくすために 多様な修正の症例に合わせた機器、技術を提供

     他院では、取り出しやすいという理由から乳輪やアンダーバストにメスを入れて抜去するところが多いですが、これではバストに傷跡が残ってしまいます。脇だと傷口がシワに沿って、目立つことなく仕上げられる利点があるので、当院ではその方法を採用。技術が必要な方法ですが、症例数を多く持つTHE CLINICでは可能な施術です。

  • 患部の見極めや最新機器の操作など ドクターの技術力が修正施術のカギ

     バッグを包み込んでいる被膜は自己組織のため、バッグが被膜にくっついたまま取り出そうとすると被膜が破れて大量の出血を伴います。また、抜去後にコンデンスリッチファットなどの脂肪注入によるボリューム維持を行う場合、被膜が破れているとバッグを抜去したスペースに脂肪が入り込んで壊死してしまいます。そのようなリスクを回避するため、当院では被膜をきれいに残すよう、経験と技術を駆使して抜去します。

  • 現状把握と仕上がりイメージを共有する 修正前のカウンセリング

     バッグ抜去後は、周辺組織が圧迫されていたぶん挿入前より胸が小さくなっています。そのため、術後に凹んだバストを見てショックを受ける方が少なくありません。そこで、当院ではバッグの代替フィラー(注入材)として、良質な自己脂肪であるコンデンスリッチファット(CRF)を、抜去直後に注入してボリュームを補強。拘縮や破損によって変形した胸を、自然で豊かな胸に蘇らせます。
    多くの他院のように抜去施術日から期間を開けて脂肪注入をすると、皮膚が収縮して十分量のコンデンスリッチファットを注入できなくなるため、同時に行うことがポイント。同時施術は高難度ですが、リスク回避のメリットが大きいのです。

上記でお悩みの方へ はずはあなたの状態をチェック

カウンセリング予約

ドクター無料メール相談

  • 他院修正トップ
  • 脂肪吸引
  • 豊胸シリコンバッグ
  • 豊胸ヒアルロン酸
  • 豊胸脂肪注入