ページトップに戻る

まとめ

お尻の脂肪吸引は難しい? 症例に見る失敗しないためのポイント

お尻の脂肪吸引は難しい? 症例に見る失敗しないためのポイント

海外女優のように「丸くてボリュームのあるお尻」に憧れる方が多い一方で、「お尻を小さくしたい」と脂肪吸引を希望される方も少なくありません。そんなお尻の脂肪吸引には、失敗しないための重要なポイントがありました。

お尻の脂肪吸引は、取るべき脂肪と残すべき脂肪がある

お尻の脂肪吸引でよくある失敗

お尻は、太ももとの境目にある脂肪が「柱」となって支えられています。しかし、この境目部分の脂肪を取り過ぎてしまうと、上の部分の脂肪を支えきれず垂れ尻に。つまり、取るべき脂肪と取ってはいけない脂肪の見極めが必要なのです。これには、ドクターのデザイン力、技術力が重要なカギを握ります。

デザイン・技術不足が大きな失敗を招く、お尻の脂肪吸引

お尻の脂肪吸引の失敗例

他院で太もも〜お尻の脂肪吸引を受け、失敗してしまった方の写真をご覧ください。垂れてしまったお尻は、かなり老けた印象を受けます。さらにお尻と太ももの境目はシワシワになり、皮膚はデコボコに……。これは、丸みのあるお尻を支えているお尻と太ももの境目の部分「ポジディブゾーン」の脂肪を取り過ぎてしまったのではないかと考えられます。つまり、ドクターのデザイン・技術不足によってこのような失敗を招いてしまったのです。

デザイン・技術力があれば、脂肪吸引でキレイなお尻になれる

お尻の脂肪吸引症例

こちらは、太もも〜お尻の張り出しが気になるとのことで相談にいらした女性です。術前にしっかりと「取るべき脂肪」と「残すべき脂肪」を把握してから脂肪吸引を行いました。
術後の画像からは、気にされていた太もも〜お尻の張り出しが改善され、たるむことなくサイズダウンしているのが見てとれます。

時には、お尻の脂肪吸引をしないケースも

お尻の脂肪吸引に関する診療ブログ

お尻の脂肪吸引を希望される方は多いのですが、状態を見てお尻へのアプローチを行わないケースもあります。実はこの場合、お尻の周辺部位を脂肪吸引することで解決できるのです。
画像の方は、腰と太もも(内側と外側)の脂肪吸引を行いました。お尻は一切脂肪吸引していないのですが、丸みのあるお尻に仕上がっていることがお分かりいただけるでしょう。腰と太ももの張り出しを改善できる上にお尻のラインも整う、まさに一石二鳥です。

ドクターの判断が、お尻脂肪吸引の成否を分ける

お尻の脂肪吸引を受ける前に確認すべき点

お尻の脂肪吸引が必要かどうかは、脂肪のつき方や皮膚の状態などを見て判断します。その診断力や経験値がなかったがために、先にご紹介したような失敗が起こってしまうのです。
つまり、小さいお尻や美尻を手に入れるためには、正しい判断ができるドクターを選ばなければなりません。失敗しないためにも複数のカウンセリングを比較し、検討してみてください。