ページトップに戻る

セミナー動画アーカイブ

バッグ抜去後の脂肪注入で失敗しない方法

83回再生

2013年9月10日、コンデンスリッチ豊胸セミナーがTHE CLINIC東京院で開催されました。 セミナーではコンデンス(濃縮)方法はもちろ...

2013年9月10日、コンデンスリッチ豊胸セミナーがTHE CLINIC東京院で開催されました。
セミナーではコンデンス(濃縮)方法はもちろんですが、注入技術についても指導を行います。特に毎回質問が多いのが、最近増加傾向にあるシリコンバッグ抜去と同時の注入についてです。

シリコンバッグが入っていたスペース(被膜内)に脂肪を注入してしまうと壊死するため、現在では抜去と同時にスペースを確認しながら注入することが良しとされています。そこで問題となるのが、被膜内以外のどこに注入するか。
以前は乳腺下にある程度の塊で注入していましたが、これでは脂肪がほとんど生き残りません。そのため講師である大橋院長が、細長い形状で様々な層に注入する方法を指導しました。
こうすることで、より多くの脂肪が生き残ることができるのです。

興味のある方は、お気軽にご相談ください。

  • 続きを読む▶
  • 閉じる▶

関連リンク

豊胸シリコンバッグ外来
2000年前後に豊胸シリコンバッグを入れた方の摘出が急増しております

関連キーワード