ページトップに戻る

セミナー動画アーカイブ

バッグ挿入位置で違ってくる脂肪の注入層

38回再生

2013年9月10日、THE CLINIC東京院でコンデンスリッチ豊胸セミナーが開催されました。 セミナーでも多い質問が、シリコンバッグ抜去...

2013年9月10日、THE CLINIC東京院でコンデンスリッチ豊胸セミナーが開催されました。
セミナーでも多い質問が、シリコンバッグ抜去後のコンデンスリッチ豊胸の注入技術についてで、それに関して講師を務める大橋院長が解説しています。

バッグが挿入されている位置としては、乳腺下と大胸筋下が代表的。乳腺下の場合は、皮下、大胸筋内、大胸筋下に脂肪を注入することができます。一方、大胸筋下の場合、大胸筋の下はバッグの入っていたスペースで注入ができないので、皮下と細心の注意を払いながら大胸筋内に注入することになります。

こういった細かい技術についても、セミナーでは共有しています。

  • 続きを読む▶
  • 閉じる▶

関連リンク

豊胸シリコンバッグ外来
2000年前後に豊胸シリコンバッグを入れた方の摘出が急増しております

関連キーワード