ページトップに戻る

セミナー動画アーカイブ

大胸筋への適度な注入量を判断するポイント

124回再生

コンデンスリッチ豊胸セミナーが2013年9月10日、THE CLINIC東京院で開催されました。こちらは、ハンズオンの様子です。 セミナー...

コンデンスリッチ豊胸セミナーが2013年9月10日、THE CLINIC東京院で開催されました。こちらは、ハンズオンの様子です。

セミナーで指導する最新の注入方法では、大胸筋内にも脂肪を注入します。それは、より多くの層へ分散して注入することで、しこりを防ぎたくさんの脂肪を定着させるためです。
ただし、注入し過ぎることはNG。そのため、講師を務める大橋院長が、注入の見極め方を指導しています。
大胸筋内に脂肪が適量注入されると、注入針の感覚がスムーズになります。筋肉だと手の感覚にある程度の抵抗がありますが、脂肪が多くなると注入針が滑らかに刺さるようになるからです。
経験を積み、この感覚をしっかりマスターできるよう、こういった情報もセミナーでは共有しています。

  • 続きを読む▶
  • 閉じる▶

関連リンク

コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)
再生医療が可能にした幹細胞注入を超えた最新の豊胸術

関連キーワード