ページトップに戻る

お悩み相談集

顎を出したいですがマイクロCRF注入とプロテーゼと迷っています

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

Qお客様の相談
あごの形成を考えています。
Eラインにあわせて測ると1.3ミリほど後退したあごです。
マイクロCRF注入(マイクロ・コンデンスリッチファット)とプロテーゼのどちらがいいのか迷っています。金額は気にしない場合、普通に自分の脂肪組織のほうがいいでしょうか?
また、どうせやるなら鼻もかなとも考えているのですが、可能でしょうか?
Aドクターの回答
現在最もお勧めの方法は、マイクロCRF注入(マイクロ・コンデンスリッチファット)による調整です。
普通の脂肪注入と違って定着率が良く、プロテーゼのような触感の不自然さがないので、触っても人にわからなくなります。非常に細い針で注入できますので、術直後から全く腫れが気にならないのもメリットです。顎と鼻を同時にというのも、もちろん可能です。

無料メール相談

上記に関するご相談

マイクロCRF注入

上記に関する施術

  • マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

    自分の脂肪組織で若返るコンデンス(濃縮)技術が可能にした最先端再生医療

    マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)再生医療の分野で注目の高まる脂肪注入技術。なかでも不純物を取り除いたコンデンスリッチファット(CRF)をさらに濃縮し、採取した脂肪から10%しかとれない厳選された注入素材がマイクロCRFです。豊富に含まれる幹細胞の作用で肌が再生し、根本から若返ります。