ページトップに戻る

お悩み相談集

病気で切断したエラの凹みが気になっていて治したいです

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

Qお客様の相談
7年前に左顎骨腫瘍(骨肉腫)と診断されて左のエラを切断しました、左肩から筋肉を取り、移植したのですが、最初は入りきらないほど、筋肉が入り、ブヨブヨしていたのですが、日がたつにつれ、収縮してしまい、左だけ頬がごっそりへこんでしまいました。半永久的に持続し、吸着するような施術があればとおもい、相談させていただきました。今は髪で隠して上をむくことすら困難です。できるだけ元にもどすことは可能なのでしょうか?持続というか半永久的に頬がこけないようにするのはやはり難しいのでしょうか?
Aドクターの回答
CRF、マイクロCRFはご自身の脂肪を用いた最新の方法で、ヒアルロン酸などのように吸収されることがないため、半永久的な効果が期待出来ます。
お話から推測するとある程度のボリュームを注入する必要がありそうですね。
そういった場合にはCRFを深い層に注入し、浅い層にマイクロCRFを注入することによりきれいなバランスにすることが出来ます。

無料メール相談

上記に関するご相談

コンデンスリッチボディ

マイクロCRF注入

上記に関する施術

  • マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

    自分の脂肪組織で若返るコンデンス(濃縮)技術が可能にした最先端再生医療

    マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)再生医療の分野で注目の高まる脂肪注入技術。なかでも不純物を取り除いたコンデンスリッチファット(CRF)をさらに濃縮し、採取した脂肪から10%しかとれない厳選された注入素材がマイクロCRFです。豊富に含まれる幹細胞の作用で肌が再生し、根本から若返ります。

  • コンデンスリッチボディ(脂肪注入)

    自分の脂肪組織でメリハリのあるヒップラインを実現

    コンデンスリッチボディ(脂肪注入)人工プロテーゼを使わないヒップアップ・豊尻、組織へのダメージを抑えての...

    コンデンスリッチボディ(脂肪注入)人工プロテーゼを使わないヒップアップ・豊尻、組織へのダメージを抑えての凸凹やへこんだ部分の修正が、最新の再生医療CRF注入によって実現しました。

    • 続きを読む▶
    • 閉じる▶