THE CLINIC まとめ

授乳後・産後の胸の悩み〜ベスト解決法〜

授乳後・産後の胸の悩み〜ベスト解決法〜

授乳後・産後の女性には、胸に悩みを抱える方が大勢います。妊娠前に比べると、しぼみやたるみ、左右差、乳頭など、胸に変化が起きるケースが多いからでしょう。しかし諦めることはありません。元通りの胸になれる施術はいくつもあるのです。

出産・授乳と胸の関係

出産・授乳と胸の関係

妊娠中・出産後は、女性ホルモンが通常時の数十倍も分泌され、乳腺が活発になることで、胸は急激に大きくなります。妊娠前より平均2カップ、重さにして3~4倍にボリュームアップし、それに伴い皮膚も伸びていきます。ところが、授乳を終え乳腺の活動が弱くなると、たちまち胸はしぼみ、あまった皮膚がたるんでしまうのです。

胸のしぼみや左右差はコンデンスリッチ豊胸で解決する

胸のしぼみや左右差はコンデンスリッチ豊胸で解決する

授乳後に胸がしぼむ原因は、ボリュームが減ることですから、それを補えば元の状態に治療することは可能です。しかし、シリコンバッグでは人工物の不自然さが否めません。そのため、脂肪という100%自己組織で補うコンデンスリッチ豊胸がおすすめ。複数箇所から少しずつ注入できるため、形やバランスの調整にも最適で自然な仕上がりです。

胸のたるみ治療にはサーミタイトを併用

胸のたるみ治療にはサーミタイトを併用

コンデンスリッチファット(CRF)を胸の上部に注入すれば、全体のボリュームアップが図れるため胸のたるみも大幅に改善できるでしょう。しかし、伸びた皮膚まで完璧に引き締めたい場合は、皮膚収縮の専門治療サーミタイト(THERMi Tight)も併用すると良いでしょう。高周波の熱を活用して、バストトップごと効果的に引き上げることができます。

乳首の伸びでお悩みなら乳頭縮小施術も!

乳首の伸びでお悩みなら乳頭縮小施術も!

豊胸施術と一緒に行なわれることの多い、乳頭縮小施術。授乳の影響で、乳頭が伸びてしまった場合は、乳頭の一部の皮膚を切開で短くし、縫合するという治療法で解決できます。乳輪や乳腺を傷つけないようデザインされ、切開による傷も乳輪のシワで隠れるよう施術するため、見た目と安全性の両面でご安心いただけます。

施術は日帰りでOK。日常生活への支障はほぼナシ

施術は日帰りでOK。日常生活への支障はほぼナシ

例えば術前エコー診断で何か不安要素が見付かったなどを除くほとんどの場合が、施術は日帰りOK。事前のご希望によりカウンセリングと同日の対応も可能です。THE CLINICは体への負担を最小限に抑える施術を中心に行なっているため、ダウンタイムも短く、家事などの日常生活へ支障をきたすこともほぼないでしょう。

施術は日帰りでOK。日常生活への支障はほぼナシ

例えば術前エコー診断で何か不安要素が見付かったなどを除くほとんどの場合が、施術は日帰りOK。事前のご希望によりカウンセリングと同日の対応も可能です。THE CLINICは体への負担を最小限に抑える施術を中心に行なっているため、ダウンタイムも短く、家事などの日常生活へ支障をきたすこともほぼないでしょう。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP