THE CLINIC まとめ

いざ手術を受けるとなったら気になるのは麻酔のこと。
手術中意識はあるの?痛くないの?副作用は?
気になることはたくさんあると思います。
麻酔の種類からTHE CLINICの施術、副作用の有無まで、あなたの疑問をまとめて解決!

脂肪吸引でよく使われる麻酔とは?

脂肪吸引でよく使われる麻酔とは?

脂肪吸引でよく使われるのが、硬膜外麻酔と静脈麻酔です。
硬膜外麻酔は、局所麻酔に分類されます。静脈麻酔より体への負担が少ない方法ですが、手術中に意識があるため恐怖を感じることや、注入時に痛みがあることが弱点です。一方の静脈麻酔は、全身麻酔の一種で、意識がないため痛み・怖さを感じません。
THE CLINICでは現在、ほとんどのケースで静脈麻酔のみを使用しています。

なぜTHE CLINICは、静脈麻酔だけで施術が可能なのか?

なぜTHE CLINICは、静脈麻酔だけで施術が可能なのか?

静脈麻酔は、怖さや痛みがないというメリットと同時に、効きが強いと呼吸を抑制するというデメリットを持っています。ですから、呼吸を邪魔しない程度に効きを弱めることが必要です。
ところが、呼吸を邪魔しない程度の静脈麻酔では、脂肪吸引のカニューレ操作が雑だと、痛みが抑えきれなくなってしまうことがあります。そこで、丁寧なカニューレ操作で痛みを抑えることが重要になってきます。
THE CLINICの脂肪吸引では、部位ごとに最適に調整されたカニューレ操作を行うことで、痛みを最小限に抑えられるように工夫しています。また、こうしたドクターの施術を支えるナースの全身管理も、十分に行き届いています。そのため、静脈麻酔だけでも、痛みのない手術が可能になっているのです。

THE CLINICが行う、麻酔の副作用を最小限に抑えるための工夫

THE CLINICが行う、麻酔の副作用を最小限に抑えるための工夫

THE CLINICでは、静脈麻酔に伴う副作用が起きる可能性を最小限に抑えるため、麻酔薬を注入する際には、正確な量を確実に注入できる持続注入器を使用しています。
これによって、麻酔薬が一定量にコントロールされるので、術後に頭痛などの副作用が生じにくいのです。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP