お悩み相談集

頬の下を脂肪吸引してムンクの叫びのような顔になりました

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

お客様の相談

他院で4ヵ月前に頬下を脂肪吸引して失敗しました。
以前から入っていたアプトス糸も吸引したようでギャザーのように頬が引きつりました。後は皮膚の中でアプトス糸がぐちゃぐちゃになり、脂肪が無くなった薄い皮膚にチクチク先端が刺さり、1ヵ月前に表から8ヵ所を切開して抜きました。
今は傷だらけですが、引きつりはなくなりました。そして気になるのは頬下がえぐられたようにムンクの叫びになっている事です。たるみも出来ました。復元という形で元に戻りたいです。
脂肪注入で定着が良いとされるMicroCRFに興味があります。
実は10年前に太ももからの吸引で脂肪による豊胸をいたしましたが、全て無くなり、しこりとして水が貯まっております。太もも後ろも突っ張るように痛みますので脂肪はありません。
ウエストには少しはあると思います。
今はこんな顔になって後悔と絶望の日々で、引きこもり状態です。

ドクターの回答

そうですか。どうにかしたいですね。
まず考えられるのは、凹んだ場所に何かを入れて平らにすることでしょう。
素材として最も適していると思われるのが、CRFをさらに細かく砕き、ヒアルロン酸のように細い注射器で注入できるように加工したMicroCRFです。
この方法は、通常でも高い定着率であるCRFの進化版で、幹細胞率もさらに高くなっているため、定着率もほぼ90%~100%と抜群に高いです。
上記の様に細い針で注入できますので、微調節が必要であろう方にはとても良い適応でしょう。まずは、気軽にカウンセリングにいらっしゃってはいかがでしょうか。回復に向け、計画を立てましょう。

PAGE TOP

PAGE TOP

PAGE TOP

関連するコラム

関連するまとめ記事