カーフメイク

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • お悩み相談集

特徴

ふくらはぎが細くならないのは
腓腹筋が原因

ふくらはぎは筋肉なので痩せても細くならない。今まではそれが常識でした。実際、いわゆる"ししゃも脚"に悩んでいる女性は多いようです。
ふくらはぎが太く見える方のほとんどは、腓腹筋という筋肉が原因と言えます。タイプ別で見ると、筋肉型70%、筋肉+脂肪型25%、脂肪型5%。つまり脂肪吸引で改善できるのはせいぜい全体の約3割ということになります。
このように筋肉が原因の場合、これまでは効果が持続しないボトックスや大掛かりな切開式神経遮断術しか方法がありませんでした。しかし、このカーフメイクの登場で、切開することなく半永久的な効果を得ることが可能になりました。

半永久的にボリュームダウン
切らない最新医療技術

つま先立ちでふくらはぎの隆起を見てみてください。これが腓腹筋です。日本人はこの腓腹筋が、ふくらはぎの2分の1以上を占めている割合が多く、脚が太く短く見えてしまいます。
ご自分のふくらはぎをチェックしてみてください。ふくらはぎの隆起が、膝下からかかとまでの長さが半分以上ある方は、カーフメイクで細くすることができます。
カーフメイクは、切開することなく高周波を腓腹筋に直接作用させる最新医療技術。だからこそ、その効果は前述のように半永久的なのです。また、プラズマドレナージュの併用で、同時に足首の脂肪を蒸散し腱を浮き上がらせることもできます。
ふくらはぎは、ひらめ筋という大きな筋肉と、この上を覆う腓腹筋で構成されています。ひらめ筋はこの部位の90%以上の機能を担当しており、腓腹筋はこれを補う働きをしています。もし腓腹筋が全く働かなくても、ひらめ筋がこの機能を補いますので、運動機能にはほとんど影響を及ぼしません。

カーフメイクの施術

点滴麻酔を用いますので痛みは全く感じません。
メスを使うことなく、ふくらはぎの2ヵ所から直接、極細の電極を腓腹筋に当て電気刺激を施します。すると、筋肉が反応し、腓腹筋を支配する神経が特定されます。
次にこの特定したポイントに高周波を作用させ、内側、外側の両方の腓腹筋に処理を行えば終了です。
施術は1時間程度で終わり、弾力性のストッキングをはいてお帰りいただけます。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間約1時間 メイク当日可能
痛み点滴麻酔により、施術中の痛みはほとんど感じません。 洗顔 当日可能
シャワー翌日より可能 入浴4日目より可能

PAGE TOP

PAGE TOP

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • お悩み相談集

カーフメイクに関するコラム

カーフメイクに関連するまとめ記事